友人同士のお金の貸し借り

友人同士のお金の貸し借り

友人同士のお金の貸し借り 私はたまに、仲の良い友人と、お金の貸し借りをします。一般的には、友人同士であまりお金を貸し借りしないほうがよいとされています。結局ぐだぐだになり、お金を返さず、友情にひびが入る事が多々見受けられるからで、友人にお金を貸す時は、返ってこなくてもいいくらいの気持ちで貸したほうがよいと、テレビや各種メディアでも今まで言われてきました。私もそう思いますが、それでもなお、友人とはお金の貸し借りをします。一番信頼している友人とに限られますが。

友人とお金を貸し借りする時は、自分の中で絶対のルールを作ります。私は自分が友人に貸したお金は返ってこないものだと考えて、貸します。しかし友人からお金を借りた時は、何があっても、どれだけ遅れても、必ず返すという気持ちをもち、携帯電話などにその都度メモをとります。そしてどうやらそのルールは私だけではなく、友人にも適用されているようです。というのも、お互いお金を貸し借りしても、返さなかった事は今まで一度もないのです。

このように、自分たちの間でルールを決めれば、トラブルになったり、友情にひびが入ったりすることはないと信じています。借りるときも、自分が返せる範囲で借りるようにしていますし、貸す時は、自分があまりお金に困っていない時に貸すようにしています。そうすることで、感情的にならずに済みますので、自然とトラブルも回避できるのです。常にそういう姿勢を忘れないように心がけることが大事です。

おすすめ!

Copyright (C)2022友人同士のお金の貸し借り.All rights reserved.