友人同士のお金の貸し借り

お金の重要性と預金先に関してのメリット、デメリット

友人同士のお金の貸し借り お金は、生活を送る上では絶対に欠かすことのできないものです。多い、少ないの差はあるでしょうし、また、本人が直接的に使用しているか、そうでないかの差はあるでしょうが、一切のお金を使わずに生活を送っている人、送ることができている人というのは皆無と言っても良いです。そのお金に関しては、大切なものだからこそ、金融機関に預けていると言う人も多いと思われます。金融機関にお金を預けることを、一般的には預金と言います。これに対し、金融機関には預けず、自分の手元にお金を置いておくことを、その代表的な置き場所としてタンスが挙げられることから、タンス預金などと言われています。

金融機関への預金と、タンス預金にはそれぞれのメリット、デメリットがあります。金融機関への預金のメリットは、金融機関による管理を受けられること、預金することで金利が付き、お金が増えることが挙げられます。逆にデメリットと言うのは、金融機関が倒産危機に陥ったり、実際に倒産してしまった場合、預金が引き出せなくなるかもしれないという危険があると言う点です。しかし、日本の金融機関がこういった事態に陥るのは、ごくごく稀なことであり、また仮にそうなったとしても、一銀行につき1000万円までの預金は保証されています。

一銀行につき1000万円までしか保証されていないという点では、タンス預金の場合は、その保証額に限度はないということが、メリットのひとつとして挙げられます。また、保管場所が自宅のため、必要な時にお金を引き出すことが可能ですし、手数料を支払わなければならないこともありません。しかし、その預金は誰にも管理してもらえませんし、保証もしてもらえません。金利もつきませんから、投資などしない限り、その預金が増えることもありません。手元にお金を置いておくことは必要ですが、このような点を踏まえ、金融機関への預金とタンス預金を使い分けることか大切です。

おすすめ!

Copyright (C)2022友人同士のお金の貸し借り.All rights reserved.