友人同士のお金の貸し借り

老後のためのお金作り

友人同士のお金の貸し借り 今生きている日本人のほとんどが感じている心配事の一つに老後のことがあります。少子高齢化の流れは改善するどころか、加速しつつあります。年々高齢者を支える若者の数や労働者の数は減少しています。国が約束する老後のお金など期待できません。自分で蓄えなければならないという意識が高い人はたくさんいます。それは、高齢者と呼ばれる年齢をすぐ目の前に控えた人だけではありません。20代の若者でさえも危機感を持っているようです。

今の若者は不景気の時代に育ったため、無駄遣いをしない傾向があるようです。また、正社員での仕事もなかなか就けない上、リストラもあるこの雇用が不安定の社会の中で生きていくことは大変です。年をとる毎に仕事も限られてきます。仕事があることはある意味幸せです。ですから、働けるうちに、老後資金を含めて色々なことに備えて貯金している人も多いようです。

また、結婚しない人も多いです。男性も女性も結婚適齢期の未婚者数は年々増加しているようです。独身だと、子どもに老後を看てもらうことはできませんお金を払って施設に入るか、人を雇うかという人が多くなるでしょう。どちらにしろ、必要なのはお金になってくるようです。ある程度の資金があると、そのお金を運用して、利益や配当金を得られるかもしれません。お金を増やすための工夫も必要になるでしょう。誰にもわからない未来のことです。わからないから不安です。老後の不安払しょくのためにも若い頃から少しずつ貯蓄しておくのが良さそうです。

おすすめ!

Copyright (C)2022友人同士のお金の貸し借り.All rights reserved.