友人同士のお金の貸し借り

お金を節約する方法として現在残高の把握

友人同士のお金の貸し借り 今財布の中にはどれくらい入っているでしょうか。おそらくこれくらいについてはだいたいだれでも把握していると思います。そうでないと必要な支払いができなくなることがあります。飲食店に行って支払いができなければとんでもないことになるからです。では、財布の中だけが自分の全財産なのでしょうか。そういった人もいるでしょうが、今の人であればそうではないと思います。別のところに保管してあったり、別の形で持っていたりします。

お金を節約する方法としてあるのが現在残高をきちんと把握することです。これについてはできるだけ正確に把握するようにします。まず現金関係であれば、1円単位で合わせるようにします。経理部が毎日残高をチェックしますがそれと同じようなことです。毎日ではなくても1週間や1箇月単位で合わせます。それくらいの感覚で行えばずれた時の原因もわかりやすいです。当然その間に支払ったレシートや領収書は残しておくようにします。

預金関係に関してもどの銀行にいくら、証券会社にいくらかを把握します。株式や外貨の場合は常に変動していますから、概ねどれくらいかを知っておきましょう。預け入れた金額でのみしか把握していなかったら、目減りしていると思ったとおりに使えなくなることがあります。そのように現在残高を把握すればどれくらい増えた、減ったかがわかります。流れがわかっていれば使う時も慎重になれます。無駄遣いをしなくなるので、節約につながります。

おすすめ!

Copyright (C)2022友人同士のお金の貸し借り.All rights reserved.