友人同士のお金の貸し借り

お金を貯める自動積立には方法がいくつもある

友人同士のお金の貸し借り 何かをするときに方法が一つしかなければ選択肢は2つです。するかしないかの選択肢になります。それが複数あるなら、選択肢も増えます。選択肢が増えれば増えるほどしないを選ばない事ができます。この時、自分自身では1つしか知らないものの、実際のところは複数用意されていることがあります。するかしないかと思っていたところに、もっといろいろなところから選ぶことができますよと教えられれるのです。これは非常に助かることです。

お金を貯めようとするとき、自動積立をすればいいと言われます。そこで自分の持っている銀行口座のものを利用しようとしました。それしか知らなかったからです。金利を見ると非常に低いです。それで一旦はしないの選択をしました。でも、もっと別の方法があることを知らされます。会社の知り合いからきいたのは、財形貯蓄があると言われました。これは会社員しか利用できず、その会社が金融機関と契約している時のみ利用できるものです。

財形貯蓄は給料をもらう時点で天引きされるので実現しやすいです。その他のものとして、証券会社で行うものがあります。投資信託、株式、外貨などを毎月買うものです。それらは日々価格が変動しますから、一時期に買わないほうがいいと言われます。毎月一定金額購入すると購入価格が平準化して割安に購入できるとされているのです。その他の資産としては、鉱物の金に投資をすることがあります。こちらも毎月少しずつ買うことができます。

Copyright (C)2022友人同士のお金の貸し借り.All rights reserved.